2009年06月23日

そんな読み方をする貴女が天晴れ!

 

 昨日、仕事から帰宅すると、上の娘が嬉しそうに100点の算数のテストを

 見せてくれました笑える


 普段ポカミスの多い上の娘にとって、6年生とはいえ100点は多くありません。


 担任の先生も、そんな普段ポカミスの多い生徒が獲った100点に感激したのか、

 こんな一言が・・・・・・



 

 『天晴れ!』


 普段あまり使わない言葉ですが、日曜のサンデーモーニングでも大沢親分が

 使っていますから、間違って読む方は少ないと思います。


 天晴れ・・・・ 感動するほど優れているさま。称賛するときに発する語。漢字で「天晴れ(天晴)」と
          表記されるのは、意味や音から連想されたもので、語源とは関係無い。
          漢字では他に「遖」という国事もある。「遖」は南が太陽を受けて明るく見事である
          ことを表した会意文字だが一般的には滅多に使われない。


 そんな『天晴れ』を「てんばれ」なんて読む方が身の回りに居ようとは・・・・・・・・・・


 読み違えをしてしまうと、語源と同じ「哀れ(あわれ」になってしまい、あっぱれでなくなってしまい

 ますので、お気を付け下さい。


 天晴れの語源・・・・・哀れ(あわれ)と同源で、感動詞「あはれ」が促音化した語である。
              「あはれ」は感動語「あは」に接続詞「れ」がついたもので、喜びも
              悲しみも含めて心の底から湧き出る感情の全てを表す語。


 


Posted by ベンチャー企業のマネージャー at 09:00│Comments(2)
この記事へのコメント
こんにちは~

100点、
ほんと天晴れ!

何かご褒美されましたか?
Posted by きっちゃん at 2009年06月23日 14:04
きっちゃん 様

ありがとうございます。

ご褒美は、我が家の財務大臣にお願いしていましたよ(笑)
Posted by ベンチャー企業のマネージャーベンチャー企業のマネージャー at 2009年06月24日 09:13
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。