2008年12月27日

快挙(新連携)

 

 昨日は朝刊で見つけた偉業を記事にしましたが、仕事納めの記事に

 ふさわしい快挙を記事に出来るのは、今年の私の仕事の集大成を記事

 に出来るということで、とても嬉しく思います。








 その快挙とは、『新連携』に認定され、中部経済産業局と厚生労働省から

 支援を約束されたと言うことなんです。
 

 
 その新連携(中小企業新事業活動促進法では「異分野連携新事業
 
 分野開拓」といいます)とは、その行う事業の分野を異にする事業者

 が有機的に連携し、その経営資源(設備、技術、個人の有する知識

 及び技能その他の事業活動に活用される資源をいいます)を有効に

 組み合わせて、新事業活動を行うことにより新たな事業分野の開拓を

 図ることをいいます。(法律第2条第7項抜粋)


 つまり、異分野の中小企業が連携を組んで新たな事業に取り組むのを

 経済産業省(今回我が社の場合は医療機器ですから厚生労働省も)に

 申請を行い、評価委員会を経て、認定されると事業発展の為の様々な

 支援を受けることができるというものです。

 
 平成20年度第3回の新連携認定のプレス発表はコチラから


 今年は色々な申請を行い、その全ての申請書を作成し、全ての申請が

 通ってきましたが、今回の新連携が今年最後にして一番嬉しい認定

 でした。

 と言うのも、事業所としての申請や医療機器としての薬事法の申請、

 健康保険が使える医療機器としての申請など重要な申請ばかりでした

 が、これらには基本となる雛形が存在し、それに合わせて申請書を

 作りあげていけば、資料は膨大ですが何とかなるものでしたが、新連携

 の申請に関しては、雛形の例はありましたが、異業種の連携の仕方が

 数百万通りあるように、雛形も参考程度になるものでしたので、ほぼ

 暗中模索のような状態で申請書を作りあげていきましたから、やりがいも

 ありましたが、一番骨の折れる申請書でしたので、喜びも一番大きかった

 んです。

 

 ですから、24日に内示をいただいた夜はクリスマスイブと重なりましたが

 シャンパンでお祝いしました。



 確かに、申請すれば通るというものでもありませんが、実は新連携に

 認定されたことが、私にとっての快挙ではないんです・・・・・・・


 この新連携の認定を『豊田市』で初と言うことが快挙だそうで、新連携の

 申請を行う時の担当官の方が教えてくれました。


 豊田市は良くも悪くも、自動車産業の街です。トヨタ自動車関連の企業が

 多く、自動車産業以外の中小企業が連携を組んで新連携に挑戦することが

 少ないのだそうです。ですから、現在、新連携の認定を受けたコア企業(連携

 の中心となる企業)は豊田市では我が社だけということになります。





 


Posted by ベンチャー企業のマネージャー at 18:00│Comments(5)
この記事へのコメント
自動車以外で「豊田」をどんどんアピールしていけるといいですね!
陰ながら応援していますよ^^頑張ってください!!
Posted by テッパンテッパン at 2008年12月27日 18:24
おめでとうございます!!
今後もビシバシとご活躍を!!
Posted by きたのその家 at 2008年12月27日 18:59
豊田市が医療機器で
有名になることが
待ち遠しいです!
Posted by あずき庵 at 2008年12月27日 20:11
こんばんは、“隊長”です。

いや、これはお世辞抜きに凄いですね。

道なき道を開拓する人には

> 暗中模索のような状態で申請書を作りあげていきましたから

ここが1番ツライですからね。
特に“日本人”の1番苦手な事ですから・・・。

“ベンマネ”さん、偉い!おめでとう!! (*^^)/。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆ Congratulations!!

では、また。(^0^)/~~ バイバイ
Posted by 草野球チーム・自営隊 “隊長” at 2008年12月28日 00:45
おめでとうございます!
私がちょっとブログをさぼっているウチにこんな事が起こっているとは!
凄いですね!
やはり単独での開発よりも、そういった支援を受けられる、というのは計り知れないメリットがあるのでしょうね・・・・・

私が出来そうなのは精々市民団体の登録くらいですね(汗
これはた数名の署名を集めるだけですので・・・・
Posted by M/F ART at 2008年12月31日 02:29
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。