2012年03月09日

燃費100km!?

エコに対する関心の高まりとともに、エコカーの売上の伸びはすごいように思います。

昨日」の新聞記事でちょっと気になるというか引っかかるというか、そんな記事を

見かけました。




こちらがその記事



インドの自動車メーカー『タタ自動車』が開発している電気自動車『タタ・メガピクセル』

試作車発表の記事です。


読んでみると、リチウムイオン電池とガソリンの発電機を搭載したモーター駆動の車だ

そうです。

『ガソリン』の文字を見たとき、『ハイブリット」か~と思いましたが、ガソリンは

発電の為だけに使われるようですから、言わば

『ハイブリット電気自動車』

なんでしょう。


内燃機関のからの動力を駆動に回すにはロスが多いのは以前何かで読みましたが、

果たして同一Kwの発電をするのに、ガソリンが効率が良いのか、コストが安いの

かはベンマネにはよく分かりません。


家庭用燃料電池には、ガスを使って発電するものがありますので、ガソリンで発電

する燃料電池とリチウムイオン電池で動く電気自動車をタタが作ったと考えれば、

しっくりきそうです。


今でもタクシーなどでLPガス車がありますが、ガソリンと比べ走行コストは安いが

パワーが落ちると聞いたことがあります。


プリウスのプラグインハイブリット社は充電池満タン状態からの燃費が57.2~61km

タタ・メガピクセルが充電地満タン状態でガソリン1ℓ換算燃費が100km

そのうち様々なタイプの燃料電池を搭載した電気自動車が出てくる時代が来て、

『ガソリン換算燃費』なんて言葉も無くなる時代が来るのかもしれませんね。


Posted by ベンチャー企業のマネージャー at 15:00│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。